(9/7 神戸)デジタル・ケイブ読書会 カトリーヌ・アルレー「わらの女」(新訳版)

カトリーヌ・アルレー『わらの女』の新訳版(橘明美訳、東京創元社)刊行を記念し、読書会を開催いたします!

http://ptix.at/UWz4SS

『わらの女』東京創元社サイト
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488140281

『犯罪は王侯の楽しみ』『剣に生き、剣に斃れ』など、1950年代からフランスミステリ界に独特の香り漂う犯罪小説を書き続けたアルレーを、一躍有名にした『わらの女』。ストーリーに、ある致命的なミスの存在を長らく指摘されながらも、映像化も行われ、今もなお読み続けられる稀有な作品です。これが1950年代の作品だとは、驚きますよ~!

参加資格は特にありませんが、新訳版の『わらの女』を読んでからご参加ください。でないと、ネタバレしますからね~。

よろしくお願いいたします。