(8/31 神戸)「物語のタネの見つけ方」ワークショップ 講師:鈴木輝一郎さん(作家、小説講座主宰)

全国屈指のプロデビュー率を誇る、鈴木輝一郎小説講座の鈴木輝一郎さんが、神戸で創作ワークショップ!

チケットはPeatixまたは、デジタル・ケイブの店頭にて販売しております。
https://2019083101.peatix.com/

【概要】
物語はどのようにして生まれるのでしょう?
当ワークショップでは、「物語のタネ」、つまり物語のアイデアの見つけ方を、講義と参加者によるショートショートの執筆を通じて体感していただきます。
エンターテインメントの創作に興味がある方にも、物語全般に関心のある方にも、興味深い内容です。

日 時: 2019年8月31日(土) 13:00~15:00
(多少、時間を延長する可能性があります)
場 所: デジタル・ケイブ
     神戸市中央区東町123-1 貿易ビル 地下一階
チケット: 2,500円(税込、ドリンクバーつき)
定 員: 20名

【講師プロフィール】
鈴木輝一郎(すずき きいちろう)
小説家。日本推理作家協会・日本文藝家協会会員。
1960年岐阜県生まれ。91年『情断!』(講談社)でデビュー。94年『めんどうみてあげるね』で第47回日本推理作家協会賞受賞。エッセイ『何がなんでも作家になりたい!』(河出書房新社)歴史小説『浅井長政正伝』(学陽書房)『桶狭間の四人 光秀の逆転』(毎日新聞出版)など著書多数。

自身の主宰する鈴木輝一郎小説講座は全国屈指のプロデビュー率を誇る。奥山景布子(新田次郎文学賞)、水生大海(ばらのまち福山ミステリー文学新人賞)、逸木裕(横溝正史ミステリ大賞)、大空なつき(角川つばさ小説賞)など卒業生多数。

【その他】
・12:30から開場いたします。
・全席、自由席です。
・ドリンクバーつきです。
・会場となる「デジタル・ケイブ」は、ふだんはカフェとして営業しています。座席も、カウンター席以外は、2名様、4名様のテーブル席仕様となっているため、相席をお願いする可能性もございます。